So-net無料ブログ作成
検索選択

きーくんヒヨコじゃないっピ。 [エンドラーズ]

去年の秋に来た魚が殖えてきつつありますよってことで更新です。

今回取り上げるのは2015年11月壇蜜号のアクアライフで取り上げられた品種達なので、それを片手に見比べて頂ければよろしいかと。
当たり前ですけど、プロの写真は素晴らしいです。


なんでも、ヨーロッパではCampomaの採集魚は年式によらずに混泳させて維持するスタイルが多いとのこと。
思えば、同時に採集された雌雄が対になっているはずなんてのは加持祈祷なわけで、ウチでもそのスタイルで飼育しています。
無色のメスなんて、どんなタイプだなんて言えないですもんね。
そもそも野外で雑多に泳いでる分を固定する必要を感じないというか。
まぁ、そんな御託はさて置き、単純にスペースを圧縮するのが一番の目的だったりするわけですが。。


IMGP0158.JPG

IMGP0137.JPG

まずは一・二枚目、雑多に混泳させてますよの図。

続いて、クローズアップするの巻。

IMGP0209.JPG

IMGP0151.JPG

IMGP0099.JPG

「イエロードーサル」。
その名の通りの黄色い背ビレも特徴ですけど、この子たちはボディギラギラしててかなり派手な印象です。
ビター94を連想せんでもないとか言ったら怒られる。笑
(ビターはどうなんでしょ、僕が見た昔のメスの体型なんかはエンドっぽいってよりもレースコブラ♀で見られるような体型っぽかったよーな。
当時目にした子達が既にワヤコヤだったとかって可能性もあるけども。)


IMGP0123.JPG

IMGP0143.JPG

2品種目は「イエロートップスネークチェスト」。2枚目の2匹は発色途上の若魚。
見た目に分かりやすい尾びれ上半分の黄色と、じんわりと胸に入るスネークスキン。
グピ全体で見てもなかなか近似なのが思い当たらない尾びれがcool

とりあえず、このタンクでは黄色い鰭ってことでこれら2種をまとめてます。

やはりいつものように、今日取り上げた二種のお魚の発信元はChar&judauご兄弟さま。
毎度のことながらお世話様でございますm(_"_)m
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

ユウ

久々に見ましたが頑張ってますねえ。
自分もブログ更新しときました♪
…って、宣伝すな!って話ですが(笑)

ウチでは最近原種に偏りがちで、エンドラーズは減ってきました…
ので?今後も程ほどに頑張って下さいね!
by ユウ (2016-03-21 01:03) 

ねじねじ

確かにプロの写真ってすごいですよね!
(だからプロなんですけどw)
私も動かない魚は撮れるんですがタナゴとかは
もう無理です(>_<)
ましてやエンドラーズのような小さくてキビキビ泳ぐ魚
なんて絶対ピント合いません(T_T)

by ねじねじ (2016-03-24 07:20) 

ドリフター

>ユウさん
趣味はほどほどに生暖かい方が安定しますからねぇ♪
ユウさんの場合、卵胎生魚の中の1カテゴリーにエンドがおるような感じですから、それもやむなしですね。。
まぁ、気の赴くままに自分好みの魚を追い求めてください♪


>ねじねじさん
そう、プロは写真が凄いんっす(当たり前に被せてみました。笑)
あー、タナゴもキビキビ動くから写真は厄介ですよね。
イタセンパラとかミヤコタナゴを水族館で見かけるたびにスマホやコンデジで撮ってみるんですけど、全然ダメです(笑)
でも、ピントが合わなくても思うんです。
僕たちはプロじゃないんだから写真の質に拘ることなく、その時の瞬間を切り取るだけであとは脳内補正すりゃいいんだ、いい写真は図鑑に求めればいいんだって。
って、物は言いようを捏ねる。笑
by ドリフター (2016-03-25 22:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。