So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

話題がコロコロ [エンドラーズ]

こないだjudauさんとエンドラーズ関連で電話してましたらば、カブクワのお話になりましてですね。。

D.U.G.C.周辺の愉快な仲間たちと、あーだこーだアピストだとかベタだとかプレコだとかポリプだとか、たまにグピの話題で盛り上がったり。
あれよあれよと爬虫類イベントに乗り込みましょー!とかって話になったり。
イベントの日が近付くにつれて「いやよくよく考えると今回は水草出店もないし、爬虫類ばっかであんま楽しめなさそうっすねぇ」なんて言い出して。。
結局レオパ飼う気満々のばりばり君と、そうでもない巻き添えの呼ばれただけ平和島君二人を会場に行かせて、D.U.G.C.正規メンは重役出勤で、神戸界隈のショップ巡りがむしろメインだから、○○商店集合ねー。
なんて振り回したりして楽しんでおるわけですが。。
何気にカブクワ好きが周りにいなくて、カブクワにも理解のあるjudauさんと電話すると、カブクワ談義に花が咲いてしまうわけです。

そういや○○さん奄美行ってるらしいですねー。
そうそう、奄美といえばスジブトヒラタですよね、僕国産だとあの虫が一番好きっすわ!
おー、スジブトヒラタとはドリさんわかってますねぇ。
アマミコクワもたまんないっすよ、あの虫次の年勝手に羽化して出てきますからねぇ♪
いやぁ、楽な虫はいいですよねー。そういや、オオコクワ計画に良さそうな親が手に入りましたよ!
おお、マジっすか!それヤバいっすね!後食開始しだしたらペアリング大丈夫だと思いますけど、来年の方が安心かもですね。あ、そういや僕、最近青いパプキンがお求め易いお値段で売られてたので買っちゃいましたよ~♪
うぉー、マジですか!ドリさんそれブログ載せなきゃ勿体ないよー!
おー、そんなに食いついていただけたのならアップしなきゃですね。。

てな具合で、クワガタ好きが少ないであろう当ブログでクワガタをアップするにあたり、無駄にだらだら長い経緯説明をしてみました。。

で、その青いパプキン画像。

CM150912-064933008.jpg

こちらが、虫好き垂涎(?)の青いパプアキンイロクワガタ。
どうだ羨ましいだろう、どうだ明るくなつたろう。
オオクワガタみたいな黒い虫に対比して「色虫・イロムシ」と称されて、多少舐めて見られがちなポジションのクワガタです。
いやぁ、サイズを競わなくても、別な面白い価値観もあるんですぜい。
こんな青いパプキンはちゃんと殖やさんとあきまへんでふたい。。

ほんで、わたしゃが大好きなスジブトヒラタ。

CM150912-065557003.jpg

近頃召されたので、符節(脚)欠けだけど展足中。
いやぁ、やっぱたまらんわ、この虫♪
真面目にブリードできた覚えはないけれど、なんじゃかんじゃと買ってしまいます。


話変わって。
いや、関連してはいるんだけど。。
judauさんとの電話は今月のアクアライフ関連の話題が本題だったわけで。
待ち焦がれたアクアライフ10月号です。
発売日に本屋に走りましたよ♪

IMG_20150911_214504.jpg

そうそう、ザ・ダム。

……て、あ、間違えたっ!!

IMG_20150911_214459.jpg

そう、今度こそちゃんとアクアライフ。

いやね、TSUTAYAでアクアライフを手にした後にサブカルムック本コーナーでダム放流DVDを目にしてしまいましてね。。
迷うこと5秒、ほとんど迷わずにお買い上げでごじゃりますよ。
いや、嘘吐きました。
実はダム放流DVDの横に並んでいた軍艦島DVDも一瞬手にしてしまったことを、ここに懺悔いたします。
いやぁ、危ない危ない、危うく買うもんが増えるところやった(当初買う予定になかったダムDVDを小脇に抱えながら)。

IMG_20150911_214514.jpg

意味もなく、とりあえず並べて置いてみるの巻。。

で、なんで今月のアクアライフがお楽しみだったかというと。
もう言うまでもなく目的はエンドラーズ小特集・前編。
もう、発売日当日と次の日は、ダム放流DVDをバックグラウンドムービーにjudauさんと喜びを分かち合う長電話ですよ。
まずはクマナのエンドラーズ号、よくもこんなにも魚が集まりましたねぇ。。。♪
来月のカンポマのエンドラーズ小特集も楽しみでございます♪♪♪

エンドラーズ小特集がネタなのにエンド写真がないのは味気ないので、クマナのエンドラーズ写真をあげておきます。

CM150915-052958028.jpg

そうだね、コリドラス・ハラルドシュルツィだね、プロテインだね。
邪魔しやがってコノヤロウ。

このブログ、こんなボケたがりなブログやったかな?

CM150915-053126084.jpg

今度こそ締めのエンドラーズ群泳写真。
サウスレーク2004のエンドラーズたち。
judauさんのお言葉を借りて、炎の化身・ファイヤーレッドフレームテールも写っちょります♪

D.U.G.C.のGはゲルフードのGとちゃうんかい! [エンドラーズ]

皆さんが使い心地をレポートされて久しいゲルフード、ウチでも使うとります。
流石に、「アホでしょ(鼻笑)」なタブレット成形はしてないですけど。。
より嗜好性を高めようとカーニバルの袋の底に溜まった粉を混ぜ込んだり、逆に食いの悪い餌を混ぜてかさ増しして作ったりしている僕はムジナさんです。

IMGP7946.JPG

こんな感じでエンドの食付きも良好。

IMGP7954.JPG

IMGP7965.JPG

ラムズが集まってラムズ玉が出来るまでの間、エンド玉の出来上がり♪

しれっと、有りふれたその他大勢の品種みたいに紹介しちゃってる感じですが。。。
今回ご登場願ったエンドはまだまだ貴重な「スネークタキシード」。
酷暑のピークを過ぎた感はありますが、まだ続く夏の納涼にもってこいなラムネ色かと思い取り上げてみました。
腹部のスネーク柄がこの子たちの決め手な感じですが。。

IMGP7937.JPG

この画像の真ん中下辺りの個体は、クラシカルなエンド斑が出たそうにしている雰囲気。
まぁ、「さもありなん」な表現でしょうか。
純系だとか純系でないとか関係なくて、野生のもんは純粋培養じゃないですしね♪

もう少しクローズアップして見ていきましょう!


IMGP7966.JPG

こちらはフラッシュなし・LED照明のみ撮影。

IMGP7913.JPG

こちらはフラッシュ有り・LED照明有り撮影。
やっぱりフラッシュを焚いたほうが青光りしますね。

IMGP7852.JPG

こちらなんてフラッシュのお陰で青光りしすぎて、スネーク柄がすっ飛んじゃってます。

スネークタキシードは青味も美しいですが、背びれが先細りして伸びるような個体がいるのも面白いです。
これをピングピと掛けてみても面白くなるかもと妄想してみたりして♪

サウスレーク2004 [エンドラーズ]

今日はラグナ・デ・ロス・パトス・サウスレイク2004のあれこれで更新します。
少しはマシに写りますようにと、珍しくプラケに上げて撮影してみました。

IMGP7733.JPG

こちら、全体像。
フラッシュ撮影時。

IMGP7696.JPG

続いてはフラシュなし撮影時。
大まかな見え方はこんな感じ。
続いては各表現ごとにクローズアップして見ていきましょう。

IMGP7738.JPG

IMGP7710.JPG

こちらはファイヤーレッドのブラックバー表現、「クラシカルレッド」。
90年代、あの頃のエンドラーズはブラックバーなエンドしか居なかったよな、イメージのエンドはこれだな、ってことで「クラシカル」、そこに腹赤表現(ファイヤーレッド=ブリーディングハート?)が乗ってるってことで「レッド」。

IMGP7732.JPG

腰が曲がって見えますけど、こちらはロートル化してるんじゃなくて、フィンスプしあう♂の様子。
エンドに限らずですけど、フィンスプは魚の華ですね♪


IMGP7723.JPG

続いては、クラシカルレッドと腹赤なしブラックバーの並び。

IMGP7719.JPG

腹赤抜けブラックバー表現の個体は、「カブキ」と酷似したもの。
正直、僕には見分けることができません。。

IMGP7703.JPG

真ん中左辺り、クラシカルレッドの後ろにいる個体は腹ぺチャ。
水換え遅れでこうなりました、こう育てたらダメですよ、な見本です(汗)
水換え量とスパンを増やして対処したいと思います。

IMGP7702.JPG

続いては、ブラックバー2匹とファイヤーレッドフレームテールの並び。

IMGP7701.JPG

この個体は赤色の面積も大きいし、ゴノポも背ビレも赤いしで言うことなし♪
ファイヤーレッドフレームテールに関しては一年ほど維持してますが、まだ腹赤抜けが出てきていません。


IMGP7731.JPG

ブラックバーたちと、右上辺りに「ファーヤーレッドイエロートップ」。
尾びれを閉じているけれども、状態の悪さのせいではなく、たまたまそう写っただけです。
ファイヤーレッドイエロートップなる長ったらしい名前は海外での呼び方に準拠したものですが、いわゆる「エンドラーズ・イエロートップソード」に腹赤表現を入れたものとは違うと思います。
海外のサイトなどで「ミントトップ」等と呼称されているものの腹赤入りと見る方がしっくりきます。
こちらも腹赤抜けがまだ出てきてません。


IMGP7695.JPG

真ん中左辺りの「ファイヤーレッドピーコック」。

IMGP7720.JPG

右上辺り、同じく「ファイヤーレッドピーコック」。
ファイヤーレッドピーコックに関しては腹赤抜け個体を頻繁に確認してます。

IMGP7729.JPG

これがその腹赤抜けピーコック。
腹赤抜けのノーマルなピーコックに関しては、同系統の処女♀を当ててF1をとっている最中ですが、今のところ育ったチビたちは全て腹赤抜けピーコックな表現で収まっています。


1年ちょい程度の維持ではありますが、以上の各表現の出現状況をふまえると、フレームテールとイエロートップのファイヤーレッドはY依存と見るのが自然な気がします。
クラシカルレッドとピーコックのファイヤーレッドは処女雌を当ててF1を採っていないので要検証。
ノーマルピーコックに当てた雌がたまたま当たり雌なだけだったってこともありえるし、Xファイヤーレッドを持つ雌がいるって可能性は排除できない。。
フレームテール、ブラックバー、ピーコックの各表現を分けて維持しているところでは、それぞれ子供は♂親のままの表現な様子。
ファイヤーレッドは要検証だけれど、フレーム・ブラックバー・ピーコックの各表現はそれぞれY依存っぽい。
♀でピーコック斑が入る個体がいるのと、ブラックバーにピーコックな個体もたまにいるので、例外はありそうだけれども。。
大まかにY依存で良さそうだし、いよいよ水槽数も悲鳴を上げてきたしで、近頃はこれらをまとめて一水槽でキープしています。


あとはファイヤーレッドイエロートップの腹赤が抜けて欲しいところだけれど、転座でも待ちますか。。

ノースレイク2004 [エンドラーズ]

エンドラーズ・カブキを前回の更新で取り上げたので、今回はそれと同じロカリティのお魚を取り上げてみます。

IMGP7622.JPG

IMGP7625.JPG

ノースレイク2004・セルペンスタイプ。
腹に浮き出す、いわゆる「スネークスキン柄」に着目して、輸入者であるユウさんが命名。
こちらは「カブキ」と同時に入ってきたものではなく、去年の春先にアメリカのアーマンド氏のところから日本に輸入されてきたものです。
カブキとセルペンスでかなり表現が違いますが、これでも同ロカリティ。
約10年、別の飼育者の好みによって選別されてこれだけ変化したものというよりは、単純にボトルネックが起こっているだけだと思います。
例えば、鍋から味噌汁をよそって、一つ目のお椀にはお揚げさんしか入らなかったのに、二つ目のお椀にはお揚げと豆腐が入ったか、豆腐だけがきました、的な。
アーマンド氏が鍋で、僕やその他の飼育者がお椀。
さらに言えば、ベネズエラの現地の湖が給食室の大鍋で、アーマンド氏のところが大鍋からよそわれた鍋で、ウチのが給食係が配膳したお椀で。
ウチで飼育している子たちは、2重・3重のふるいがかかっているってこと。
野外の全ての表現の個体を掬いきるなんて、到底無理なお話なんだから。
○○ってロカリティの系統には✕✕って表現が必須ってわけじゃなくて、○○ってロカの系統には✕✕って表現の個体が出てくることがある。
✕✕って表現が出ないから、この魚は○○って系統の魚ではないなんて言えない、って感じで。


で、味噌汁の鍋から掬われたお椀に入ったその1がセルペンス、お椀その2がカブキとすれば。。。

IMGP7635.JPG

写真の左下の個体なんかはスネーク柄が出ていない・・・いや、いちいち分けて見るほどのものかは・・・。
その1・その2と大豆加工品が続いたから、じゃ、その1.5の湯葉くらい??笑


そんでもって。

IMGP7656.JPG

IMGP7621.JPG

ブラックバー入りタイプ。
痕跡的なブラックバーに見えるけど、一応ブラックバー入りタイプ。
これは本物・偽物というより、上・中・下のグレード違いだと思います。
そんなわけで、ブラックバーの下とでも言っときますか。

しばらく出てきてないパターンでしたが、ようやく戻ってきました。
こちら二枚はカブキから何かしら引き算して、バーチカルラインやピーコックを足したような感じ。
その2.1のお椀には、崩れた豆腐とお揚げさんの欠片、味噌汁の表面には湯葉がはってます!的な。
湯葉が入ったりはったりな味噌汁は食ったことがないんだけれど、別に味噌汁は大事なことではないので、まぁいいか。

エンドラーズ・カブキ(ノースレイク2004) [エンドラーズ]

食仔傾向の特に強いエンドラーズ・カブキ(ノースレイク2004)が、久々に良い感じで殖えつつあります。
大きなメスが衰えたのと、ウィローモスを水面近くで活着させているのが影響?と考察中。
ウチのエンドはどれもよく食仔すると、D.U.G.Cの方々からお褒めをいただくのですが。。。
いや、エンドも健康的に大きく育てれば、レチクラ並に食仔するんですってば(笑)
大きくする・しないは飼育者の好みの問題ってところで。


IMGP7559.JPG

背びれも尾びれのソードもしっかり伸びてきた成魚。
エンドラーズ斑があまり太くない個体でも、月齢を重ねれば背びれが立派になって見栄えがよろしくなるもんですね♪


IMGP7512.JPG

IMGP7573.JPG

上二枚は成魚(老成魚とでもいうべきか。)と若親の並び。


IMGP7517.JPG

IMGP7591.JPG

上二枚・エンド斑がしっかり太い楽しみな個体。


そろそろ導入から10年が経とうかというエンドラーズ・カブキ。
相変わらず色味はどぎつく、ボディは長いモデル体型のまま。
いい魚ってのは、全然飽きんもんです♪

レッドチェスト [エンドラーズ]

変態めだかで出品したエンドラーズ・レッドチェスト。
あまりエンドに馴染みのないヒトからすれば、

・・・また新しいエンドラーズ!?

なんて思われるかもしれません。
実は新しいエンドラーズでもなんでもなくて、ウチで長らく維持しているロカリティ落ちのラグナオレンジタイプだったりします。
「レッドチェスト」なる名前は海外での呼称ですが・・・
ロカリティなし系統にはロカリティ由来の品種名を冠するよりも、表現由来のネーミングで表記したほうが良かろうとの考えからの措置です。
まぁ、ラグナオレンジってネーミングも直訳すれば「潟(湖)の橙色」って感じになるので、必ずしもロカリティを表わしきっているとは思わないですが。

IMGP7492.JPG

変態めだかに出した個体と大まかに違わない個体。

IMGP7549.JPG

IMGP7535.JPG

上二枚は一緒に泳がせている・・・というか、むしろウチのレッドチェストの導入当初の個体に近い表現のタイプ。
海外での呼称は、腹側と背側の二本の赤い縞からのネーミング、「ダブルレッドストライプ」に相当。
レッドチェストはダブルレッドストライプのオレンジ範囲強化版って風に見えるので、わざわざ両者を分けて飼ったり呼び分ける必要があるのかは現段階で疑問です。
グッピーでも同系統内で模様の違いがあるように、あくまで個体差の内かなって。
まぁ、これも詰めれば遺伝的な違いがあるのかもしれないですが・・・
とりあえず、ウチではどちらもレッドチェストと呼んでおくことにします。

引っ越してみる [エンドラーズ]

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。


ばりばり君http://psycho-gup.blog.so-net.ne.jp/がソネットブログ開設のやり方を教えてくれたので、喜び勇んで早速立ち上げてみました。
ばりばりリスペクトの意味も込めて、土佐日記に対抗して意味もなく平家物語の冒頭の文言で更新開始。

こちらの使い方も追々掴んでいくこととして。。。。
引き続きご愛顧頂ければ幸いです。

文章だけの更新だと味気ないので、何か画像でも貼り付けておこう。

IMGP7434.JPG

ここ1年ほど自分の中で熱いエンドラーズ、サウスレーク2004「ファイヤーレッド」。
変態メダカに出しておけば良かったかも。

あ、So-netブログに移ってきたところで画像がパワーアップすることなどはないのであしからず。。。

- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。